光ファイバ変位計測システム(DIMRO®)光ファイバ変位計測システム(DIMRO®)

光ファイバ変位計測システム(DIMRO®

このような課題を解決します

  1. 鉄道・道路盛土下における推進工事等の影響を監視したい。
  2. 地下構造物(トンネルなど)に近接した工事の影響を監視したい。
  3. 橋梁やトンネルにおける、日常の変位や振動を監視し、今後の維持管理の効率化に繋げたい。
  • 鉄道・路盤の挙動

    鉄道・路盤の挙動

  • コンクリート橋の挙動

    コンクリート橋の挙動

  • トンネルの挙動

    トンネルの挙動

DIMRO®(※1)は光ファイバセンシング技術を利用し、長体構造物(鉄道、橋梁、トンネルなど)の鉛直変位と水平変位、及び振動を計測できるシステムです。
センサは二重管構造で、1本5mのものを10本1ユニットとして構築します。内管には光ファイバセンサ(FBG)を4方向に取付け、対向するひずみの差分で曲げを計測して変位を算出します。二重管構造のため、外管が内部のセンサを防護するとともに、直射日光や外気を遮断し温度変化による影響を少なくする構造となっています。

※1
DIMRO®とは、Displacement Measurement of Rail /Road trucks Optical fiber sensing technologyの略。名工建設株式会社、東鉄工業株式会社、NTTインフラネット株式会社の登録商標です。

「DIMRO®」の特徴

  • ①センサ部に光ファイバを用いることで落雷や電気誘導などの電磁気の影響を受けず、高い信頼性があります。
  • ②1つのシステムで静的計測(サンプリング速度:1秒に1回)、動的計測(サンプリング速度:1秒に1000回)が可能です。
  • ③計測装置の外管に耐候性塗装(ガイナ塗装※2)を施しており、長期の野外設置に対応できます。
  • ④JIS規格E3014 振動試験の3種、JIS規格E3015衝撃試験の4種をクリアしており、高い耐振動性、耐衝撃性があります。
  • ⑤1ユニットで50mにわたる計測ができ、最大200mまで延長が可能です。
※2
ガイナ塗装は株式会社日進産業の登録商標です。

「DIMRO®」の仕様

寸法 外径60.5mm 長さ:50m(1ユニット)
測定点間距離
(両端不動点)
10~50m(最大4ユニット連結可能、~200m)
計測範囲 ±45mm(測定間距離:10m弦)
サンプリング速度 1Hz~1000Hz
読取り分解能 0.1mm

計測・解析例

1. 動的計測

(1)PC橋桁の挙動を高精度に計測
列車通過時の橋桁の挙動をリアルタイムに計測することができます。

(2)スペクトル分析により列車振動及びPC橋桁の固有振動数を特定
動的計測の計測データをスペクトル分析することで、列車通過時の周波数とPC橋桁の周波数を特定することができます。

2. 静的計測

(1)軌道の沈下をリアルタイムに検知し、あらかじめ設定したしきい値を超える変位を検知した場合は、メールで警報を通知します。

(2)導入事例

  • 軌道の影響計測
    (軌道下越し推進工事)

  • 新幹線橋梁軌道の振動計測

  • 軌道盛土の影響計測
    (盛土耐震補強工事)

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
電話でのお問い合わせ
087-894-3156

住所/〒769-2101香川県さぬき市志度1298-12 
FAX/087-894-3809