Shinko FBGShinko FBG

FBGについて

FBGとは

FBG(Fiber Bragg Grating ファイバブラッググレーティング)とは 、光ファイバに紫外レーザー光を照射し、光ファイバ中のコアに屈折率変調(回折格子)を形成したものです。この周期的な屈折率変調の周期に合致した波長(λB=2neffΛ)の光信号のみが反射し、他の波長の光信号はこの周期的屈折率変動を感知せず通過します。特長として、光ファイバそのものに形成するため構造がたいへんシンプルで損失が少ないなどの長所があります。近年、特に光ファイバセンシング用途に使用され始めています。

FBGの原理

ひずみや温度変化などに比例して「波長がシフト」します。

変化量は、波長シフト量に依存

温度依存性

荷重依存性

FBGの特長

  • 引火・爆発等が懸念される環境下でも使用可能

  • 長距離伝送もOK

  • 「給電」が不要*

    * 測定器には電源が必要ですが、センサ部分には必要ありません。

  • 地中や海上でもOK

  • 構造は「シンプル」

  • 雷・電磁ノイズも怖くない!

  • 細くて軽量

  • 電磁波・磁力にも負けない!

  • 1本の光ファイバでOK*

    * 各測定項目ごとに光ファイバ(またはケーブル)をはわせる必要はありません。

  • 耐久性も!*

    * メンテナンスのトータルコストが違ってきます。

FBGセンサ測定のしくみ

FBGにかかる張力および温度変化により屈折率変調の周期が変化し、波長がシフトします。
波長は張力(ひずみ量)や温度変化に比例してシフトします。

FBGセンサ測定のしくみ図

Shinko FBGならば…

  • 独自開発した製法により、サイドローブ抑圧比を抑え「高品質」。
  • 1ラインで「多点観測」「直列接続」ができます。
  • お客様の要望に合わせた「任意波長」「反射率」などの製造が可能。
  • 2光束干渉法により、波長ごとに位相マスクを必要としないので低価格です。
  • 少数本から短納期で提供します。

Shinko FBGの特性スペクトル

※反射率90%

標準品:(アポダイズあり)

Shinko FBGの特性スペクトル 標準品(アポダイズあり)

(アポダイズなし)

Shinko FBGの特性スペクトル(アポダイズなし)

連装FBG

連装FBGとは、2光束干渉法の特長を生かし、1本の光ファイバに波長の異なる複数のFBGを描画したものです。
1本の光ファイバに100個以上の異なるFBGを描画可能です。

連装FBG

10連装FBG

10連装FBG

FBGの特性スペクトル(40ch)

FBGの特性スペクトル(40ch)

仕様

項目 規格値
光ファイバ種類 SMF 曲げ特性強化型SMF ポリイミドコート ファイバ
コア径 10μm 6.3μm 9.0μm
クラッド径 125μm 125μm 125μm
光ファイバ径 250μm 250μm 145μm
許容曲げ半径(光ファイバ) 30mm 7.5mm 30mm
中心波長 1450〜1610nm、1280〜1320nm、1000〜1100nm
反射率 1〜99%(標準:90%)
バンド幅(FWHM) 0.1〜1.4nm(標準:0.25nm)
サイドローブ抑圧比 15dB以上(標準)、35dB以上
リコート UVアクリレート、ポリイミド、メタライズ
FBG長 0.1〜20mm(標準:10mm、15mm、20mm)
FBG間隔 50μm〜10m
プルーフテスト 標準 0.4kgf 0.4kgf 0.4kgf
特注 0.5〜2.0kgf 0.5〜1.0kgf
ファイバ長 指定長(最長10m)

※表記以外の仕様およびその他特殊ファイバのFBGも製作していますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
電話でのお問い合わせ
087-894-3156

住所/〒769-2101香川県さぬき市志度1298-12 
FAX/087-894-3809